インプラントImplant

インプラントとは?

虫歯や怪我で歯を失ってしまったら、歯に替わるものがないと食生活などに悪影響が現れます。

代わりの歯として、他の歯へできるだけ負担をかけず、歯本来の噛み心地に近く、そして自然な歯のような見た目に仕上がるのがインプラント治療です。

まるでご自分の歯のように食事ができるため、お勧めをしております。
また、義歯と比べ、毎日のお手入れの手間もないため快適に過ごすことができます。

歯の失われた部分のアゴの骨に人工的な歯の根っこを埋め込み、
その上にセラミックなどで作られた歯に近い代替物を被せる方法をインプラント治療と呼びます。

必ず全ての方に適用できるものではございませんが、可能な場合は非常に有効な治療法です。

他の治療法との違い

ブリッジの場合

ブリッジによる治療は、失われた部分の左右の歯を削る必要があります。
またブリッジと歯の衛生面、噛み心地自体にも問題がある場合がございます。

バネ掛けの義歯の場合

バネ掛けの義歯の場合もブリッジ同様、左右の歯が傷ついてしまうデメリットがあります。
こちらも噛み心地、見た目の面での問題がございます。

インプラントなら…

インプラント治療は健康な歯を削ったりする必要がありません。
また噛み心地も自身の天然の歯のように噛むことが可能です。
ビジュアル面でも、自然で美しい歯並びとなります!

インプラント治療のデメリットについて

利点の多いインプラント治療にもデメリットがあります。
まず手術が必要なことと治療費用が比較的高額なこと、そして治療後のメンテナンスを行う必要があることです。

当院ではインプラント治療を希望の方には予めメリットとデメリットについて、ご説明を行い充分にご納得をいただいた上で行わせていただきます。

インプラント治療の流れ

1:現在の口腔内の診断と治療計画に関するご説明

現在の口腔内の状態についてカウンセリングを行い、それぞれの患者様に適した治療についてご提示させていただきます。

お一人ごとに失った歯の数、土台となる骨の状態、歯の大きさや位置が異なります。
診断の後、最適と思われます治療方法をご説明いたします。
レントゲン撮影と細かな診察により現状を把握し、治療計画を立てていきます。

その際に、ご不明な点や不安な内容がありましたら、ご相談下さい。

2:インプラント治療を行う前の処置

インプラント治療を開始する前に、他の歯を治療を全て済ませます。
この際に顎の骨が薄くなっている方、少なくなっている方については、骨充填剤によって骨を増やし、
問題なくインプラント治療が行える環境を整える場合もございます。

3:インプラント手術と安定期間の経過観察

インプラント手術のあとは骨と馴染むまで、一定の期間を安定期間として経過を観察します。
安定期間では一時的に義歯を利用する場合もございます。
経過観察の期間は、患者様の状況により若干前後いたします。

4:安定期を過ぎてからの処置

しっかりと骨にインプラントが馴染んだ後、インプラントの先端部が見えるように切開いたします。

インプラントの先端部に土台となるパーツを取り付けます。
切開を行った箇所が治るまで数週間かかりますので、治るのを待ちます。
外科処置はこれ以降行いません。

5:インプラントへ人口歯を取り付けます

切開した箇所が治り次第、口内と歯型を取ります。
取った歯型や、患者様の歯の色などをよく確認し、インプラント用の被せものを作ります。

お作りした義歯をインプラントへ装着することで、治療は完了いたします。

6:定期的なメンテナンス

治療が完了しても、終わりではございません。定期的な検査を行い、常に口内環境に気を配ります。
検査間隔は、患者様の状態によって異なります。

しっかりとメンテナンスを続けたインプラントは、10年後でも9割以上が問題なく使えているという統計がございます。
快適な食生活のために、日々のメンテナンスはキチンと行いましょう。

インプラント
インプラント治療を行うことで、周りの歯にほとんど悪影響なく、健常な状態に近い噛み心地を得られます。
従来の入れ歯とは異なり、不意に外れたりすることもありません。
  予防歯科
昨今の歯科治療では、対処的な治療よりも歯に問題が起きる前に見つけ、事前に食い止めることが重視されています。
ブラッシングの指導なども積極的に行っております。
  歯周病
歯周病は日本人の殆どの方に関わりがある病気ですが、 あまりその怖さは周知されていません。
当院では、予防医療の一環として歯周病の改善・治療を皆様に勧めております。
小児歯科
お子様の歯の健康は、その後の人生に深く関わります。 小さなうちからの習慣付けと、生えたばかりの永久歯の 保護と予防はとても重要なため、お早めにご相談をいただければと考えております。
  口腔外科
外傷や歯の割れ、顎関節症…、虫歯以外にもお口のまわりには様々なトラブルの可能性があります。
適切な処置がなくては改善が難しい場合もございます。
 
  ホワイトニング
暮らしの中で、色の濃いものを摂り続けることでだんだん歯に色がついてしまいます。もとの白い歯を取り戻したい、笑ったときに歯の色が気になるなど、お悩みの方はぜひご相談下さい。
ページ
最上部へ
TOP
PAGE