歯周病Periodontics

歯周病のメカニズム

歯周病は、歯垢(プラーク)がきっかけで起こる歯周組織の病気です。

歯垢とは、食べかすや歯の垢(あか)ではなく細菌の塊です。
1mg中に数億もの細菌が棲みついていると言われており、その中の歯周病原菌が出す毒素で歯肉が炎症を起こします。
しばらくすると、歯垢は唾液のミネラルと結合して石のように硬くなり、歯石となります。

歯石は歯と歯肉の間の歯周ポケットに溜まり、歯肉を刺激し続け、やがて歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かし始めます。
歯周病がひどくなってくると、歯がグラグラするのはこのためで、歯を失う原因はむし歯より多いと言われています。

歯周病ケアを始めましょう

日本人の平均寿命は少しずつ伸び続け、「人生80年」の時代になりました。

これからの人生の中で、美味しい物を食べたり、素敵な笑顔を保つために歯はとても大切な役割があります。
しかし、80歳で自分の歯を20本以上持っている方は、全体の20%ほどしかいらっしゃいません。
この状態で80歳を迎えたときに、気持ちのいい食生活を送るのはおそらく簡単ではないでしょう。

では、何が原因で歯を失うのでしょうか?
ある調査では、大人になってから歯を失う原因の42%が「歯周病」、続いて32%が「むし歯」となっています。
成人の8割が罹っているとまで言われる歯周病は歯を失う最大の原因であるだけでなく、
近年では様々な病気の引き金にもなることがわかっています。

歯周病の予防は、豊かな人生(Quality of life)を送るためのケアの1つとして注目されています。

歯周病治療の流れ

効果的な歯周病の対策としては、今ある歯石や歯垢を一度きれいに取り除くことが大前提となります。

しかし、歯周病治療は、一回行えばそれで終わりというものではありません。
何度でも再発・進行をするため、その時は治ったとしても、正しい歯磨きと定期的なメンテナンスは必ず続ける必要があります。
油断することなく、日々のメンテナンスをしっかり行っていきましょう。

歯周病と全身疾患との関係

実は歯周病は、他の全身疾患とも深い関係が有ることがわかってきています。
肺炎をはじめ、心臓病、脳卒中、糖尿病といった生活に支障が出るほどの重い疾患とも関わりがあります。

そういった面から、歯周病の予防は全身の健康ともつながります。
軽く考えがちな歯周病ですが、しっかりとメンテナンスを行いましょう。

インプラント
インプラント治療を行うことで、周りの歯にほとんど悪影響なく、健常な状態に近い噛み心地を得られます。
従来の入れ歯とは異なり、不意に外れたりすることもありません。
  予防歯科
昨今の歯科治療では、対処的な治療よりも歯に問題が起きる前に見つけ、事前に食い止めることが重視されています。
ブラッシングの指導なども積極的に行っております。
  歯周病
歯周病は日本人の殆どの方に関わりがある病気ですが、 あまりその怖さは周知されていません。
当院では、予防医療の一環として歯周病の改善・治療を皆様に勧めております。
小児歯科
お子様の歯の健康は、その後の人生に深く関わります。 小さなうちからの習慣付けと、生えたばかりの永久歯の 保護と予防はとても重要なため、お早めにご相談をいただければと考えております。
  口腔外科
外傷や歯の割れ、顎関節症…、虫歯以外にもお口のまわりには様々なトラブルの可能性があります。
適切な処置がなくては改善が難しい場合もございます。
 
  ホワイトニング
暮らしの中で、色の濃いものを摂り続けることでだんだん歯に色がついてしまいます。もとの白い歯を取り戻したい、笑ったときに歯の色が気になるなど、お悩みの方はぜひご相談下さい。
ページ
最上部へ
TOP
PAGE