予防歯科Prevention dentistry

いま、「治療の前の予防」が重視されています

これまでの歯科治療は、多くの人が「痛くなったら行く」「違和感が出てきたらはじめて相談する」といった考え方で通われてきました。
中には「痛そうだからギリギリまで行きたくない」「日頃の不摂生が恥ずかしいから行けない」そんな方もいるかもしれません。

しかし、そうした場当たり的な治療はお口にとって良い結果を生みません。
なぜなら、歯は一旦削ると元通りに回復することがないからです。

そのため、今の歯科治療では「予防」がとても重視されています。

予防歯科で行うこと

予防歯科はその名の通り「むし歯になるまえに予防する」ことをポイントにしています。

そのためにはどうするかというと、定期的に歯科医院へ通っていただき、細かく歯科医師がお口の状態をチェックするのです。

定期的にプロが診断することで、仮にむし歯があっても大きく削る必要のない状態から治療がスタートできたり、あるいは最初期のものであればまだ再石灰化が間に合うような場合もあります。

とにかく、削ってしまうと元には戻らないため、「削るようなことになる前に見つける」「削るとしても最小限に抑える」ことが重要で、間を空けずに診断をうけることで予想外の悪化を防ぐ可能性が大きく上がります。

定期検診について

定期検診では、むし歯のチェックはもちろん、歯ぐきの様子もチェックします。歯ぐきの様子を確認することで、歯肉炎や歯周病にかかっているかどうかわかります。

歯肉炎や歯周病は、一見するとすこし歯ぐきが腫れるだけにしか見えないためあまり重く取らない方が多い病気ですが、実際はむし歯よりも歯が抜ける原因になる、決して軽く見てはいけない病気です。

特に、他の病気を誘発する場合があることも近年知られてきており、
中には心臓病や糖尿病といった人生を左右しかねない重い疾患も含まれています。

>歯周病についてはこちら

もしむし歯などが見つかった場合は、適切に治療を行います。
その他、むし歯ではないものの歯磨きの仕方がよくない、といった場合にはブラッシングの指導を行ったり、
歯石ができてしまった場合は取り除いたりと、お口の中の健康を維持するために必要なことを状況に応じて行っていきます。

インプラント
インプラント治療を行うことで、周りの歯にほとんど悪影響なく、健常な状態に近い噛み心地を得られます。
従来の入れ歯とは異なり、不意に外れたりすることもありません。
  予防歯科
昨今の歯科治療では、対処的な治療よりも歯に問題が起きる前に見つけ、事前に食い止めることが重視されています。
ブラッシングの指導なども積極的に行っております。
  歯周病
歯周病は日本人の殆どの方に関わりがある病気ですが、 あまりその怖さは周知されていません。
当院では、予防医療の一環として歯周病の改善・治療を皆様に勧めております。
小児歯科
お子様の歯の健康は、その後の人生に深く関わります。 小さなうちからの習慣付けと、生えたばかりの永久歯の 保護と予防はとても重要なため、お早めにご相談をいただければと考えております。
  口腔外科
外傷や歯の割れ、顎関節症…、虫歯以外にもお口のまわりには様々なトラブルの可能性があります。
適切な処置がなくては改善が難しい場合もございます。
 
  ホワイトニング
暮らしの中で、色の濃いものを摂り続けることでだんだん歯に色がついてしまいます。もとの白い歯を取り戻したい、笑ったときに歯の色が気になるなど、お悩みの方はぜひご相談下さい。
ページ
最上部へ
TOP
PAGE